安謝小児クリニック

働くお父さん、お母さん、そしてお子さまを応援!

〒900-0003  沖縄県那覇市字安謝215-1   やしま産業ビル内
☎098ー869-0600  FAX098-869-5171

06月

第25回「心と体の成長科学講演会」後半

前の投稿から引き続き、「心と体の成長科学講演会」の様子を
紹介させていただきます。

先ずは、惠谷ゆり先生(大阪府立病院機構大阪母子医療センター)
による特別講演Ⅱ。
「SGA性低身長について」

SGAとは何の略称か?
在胎週数に相当する標準身長・体重って、お腹にいる期間で
その子の標準が変わってくるの?
身長・体重が10パーセンタイルに入るって、どれくらい小さいの?

上記の様な「SGA性低身長症とは何ぞや」話から
どの様に対象の子どもが該当するのを見極め、専門医の下
どの様な治療が進められていくのかについて、具体的な事例を
交えながら解説されていきました。

SGA自体聞き慣れない単語で、講演時間中「そうなんだ!」の
繰り返しでしたが。
しかし、そんな中でも先程の「何ぞや」話において先生が
仰られた言葉の中で
「低身長は相対的なもの」と
「今現在の身長・体重がどうなっているのかよりも伸び方が大事」とが
とても印象的で、「低身長治療自体、しっかりとその内容と必要性を
伝えないと誤解されてしまう」と言われている様に
思えてなりませんでした。


次に、当クリニック院長髙良吉広による閉会の挨拶。
そして、閉会後の個別質問の様子。

午後9時頃には、予定通り無事に講演会は終了致しました。

皆さん、如何だったでしょうか。
以上をもちまして、第25回「心と体の成長科学講演会」の様子紹介を
締めさせていただきます。

それでは。

平成29年6月27日

安謝小児クリニック庶務
髙良吉仁



第25回「心と体の成長科学講演会」前半

皆さん、元気に過ごしてますか。
当クリニック庶務の髙良です。

さて、先週24日(土曜)午後6時半過ぎから開催されました
第25回「心と体の成長科学講演会」の様子を前半・後半に分けて
紹介させていただきます。


先ずは、司会の紹介を受けてからの
当クリニック院長の髙良吉広による開会の挨拶。


次に、近藤康人先生(藤田学園藤田保健衛生大学坂文種報德會病院
アレルギーセンターによる特別講演Ⅰ。
「ひやりはっと事例から学ぶ園・学校の食物アレルギー対応」

前半は、自宅・保育園・幼稚園・小学校等で実際にあった
子どものアレルギー発症事例の紹介。
そして、後半からは「関係する情報を何処から得れば良いのか。」と
「どの様に施設内で共有すれば良いのか」という
2つの問題について、「アナフェラキシ-対応」に関する解説を
中心にお話が展開されていきました。

発症の要因は目に見える範囲に止まらず、目に見えないか、若しくは
目に見えても認識しづらいヒト・モノ・場所の中に潜んでいるのだな
と、驚きを持ちながら学ばせていただきました。

続きまして特別講演Ⅱ以降の様子は、次の投稿にて
紹介させていただきます。


平成29年6月27日

安謝小児クリニック庶務
高良吉仁