安謝小児クリニック

働くお父さん、お母さん、そしてお子さまを応援!

〒900-0003  沖縄県那覇市字安謝215-1   やしま産業ビル内
☎098ー869-0600  FAX098-869-5171

第25回「心と体の成長科学講演会」後半

第25回「心と体の成長科学講演会」後半

このエントリーをはてなブックマークに追加
前の投稿から引き続き、「心と体の成長科学講演会」の様子を
紹介させていただきます。

先ずは、惠谷ゆり先生(大阪府立病院機構大阪母子医療センター)
による特別講演Ⅱ。
「SGA性低身長について」

SGAとは何の略称か?
在胎週数に相当する標準身長・体重って、お腹にいる期間で
その子の標準が変わってくるの?
身長・体重が10パーセンタイルに入るって、どれくらい小さいの?

上記の様な「SGA性低身長症とは何ぞや」話から
どの様に対象の子どもが該当するのを見極め、専門医の下
どの様な治療が進められていくのかについて、具体的な事例を
交えながら解説されていきました。

SGA自体聞き慣れない単語で、講演時間中「そうなんだ!」の
繰り返しでしたが。
しかし、そんな中でも先程の「何ぞや」話において先生が
仰られた言葉の中で
「低身長は相対的なもの」と
「今現在の身長・体重がどうなっているのかよりも伸び方が大事」とが
とても印象的で、「低身長治療自体、しっかりとその内容と必要性を
伝えないと誤解されてしまう」と言われている様に
思えてなりませんでした。


次に、当クリニック院長髙良吉広による閉会の挨拶。
そして、閉会後の個別質問の様子。

午後9時頃には、予定通り無事に講演会は終了致しました。

皆さん、如何だったでしょうか。
以上をもちまして、第25回「心と体の成長科学講演会」の様子紹介を
締めさせていただきます。

それでは。

平成29年6月27日

安謝小児クリニック庶務
髙良吉仁



«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です